この展示物、知っていますか?

当館の展示物をみていると、よく気づいたなあと思うものがいっぱいです。
その中の1つが潮汐発電です。

潮汐発電は、潮のみちひきの差を利用した発電方法です。
満潮の時に水を蓄えて、干潮の時に放流!
この時の水が移動する力でタービン(はね車)が回り、電気が作られます。

では、当館の展示で見てみましょう!
こちらが潮汐発電の展示です。

潮汐発電の展示

まずは満潮の状態を水槽の左側に作ります。

水槽で満潮の状態

ボタンを押すと堰(せき)が下ります。
本当は、満潮時にせき止めますが、展示品では水の量を変えられないので、先に堰を下ろして、ポンプで水を移動させます。

すると、右側は干潮時の状態になりました。

水位の差

十分にたまったら、堰をオープン!

水槽の中で堰をとった状態の潮汐発電機

水槽の中で堰をとった状態の潮汐発電機

すると、水位が高い方から低い方へと水が移動します。
この水の移動の力で、タービンが回って、発電機を動かしています!!!

できた電気の量は右の壁のメーターで確認!

潮汐発電機の電気メーター(発電なし)

潮汐発電機の電気メーター(発電弱)

潮汐発電機の電気メーター(フル発電)

全部、点いています!!!電気がちゃんとできています!!!

世界にはこれを利用した発電所もありますが、日本では、潮のみちひきの差がそれほど大きくないことや、生態系や環境への影響、経済性の問題などから普及は進んでいないようです。
でも、『潮のみちひきで発電ができる!』と思いつくなんて、すごいと思いませんか?

もしかしたら、みなさんの周りにも、すばらしい方法が隠れているのかも!?
いい発電の方法が見つかったら、教えてくださいね!

 

インタープリター T

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です