ディスクオルゴール

皆さんはディスクオルゴールを聴いたことはありますか?

ディスクオルゴール

当館2階の「不思議な広場」には、ディスクオルゴールがあります。
今から120年ほど昔の、1890年代にドイツのライプツィヒで作られたものです。

このディスクオルゴール、正式な名前を「ポリフォン104型」といいます。
当時の販売店は親しみを込めて、ニックネームで呼んでいたそうです。
その名も「サンドリンガム」
何だかかっこいいニックネームですね。

さっそくディスクオルゴールを動かしてみたいのですが、電源ボタンがありません。
それもそのはず、こちらは電気ではなく、ゼンマイを使って動く仕組みになっています。

ディスクオルゴール ゼンマイ

ハンドルでゼンマイを巻き、コインを入れると動き出します。
コインは昔のイギリスのお金で1ペニー硬貨です。
こちらのディスクオルゴールはドイツで作られたものですが、イギリスで活躍していたため、イギリスのお金が使われています。

1ペニー硬貨

コラムでは音色をお伝えすることができませんが、とっても素敵な演奏をしますよ。
ぜひ、聴きにいらしてくださいね。

ディスクオルゴールは、実演でも紹介しています。
実演は毎日日替わりの演目で実施していますので、ぜひご参加ください!

ディスクオルゴールとスタッフ

 

不思議な広場の実演

平日  11:30~
土日祝 11:30~、16:00~

8月のスケジュールはこちら↓

fushigicalender2017-8

 

インタープリター 今井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です