新潟県立自然科学館 NIIGATA SCIENCE MUSEUM新潟県立自然科学館 NIIGATA SCIENCE MUSEUM

文字サイズ

背景色の変更

メニュー

イベント

夏の特別展「スケスケ展 -スケると見える仕組みの世界- 」

スケスケ展 タイトル画像
有料 その他

スケスケ展とは、様々な生物や物の中身を『スケる(透ける)』を通じて紹介する特別展です。デジタル技術を用いたスケる体験や、骨格模型/透明生物の展示など、外と中との意外な関係性を感じたり予想外の発見があったりと、モノの仕組みへの好奇心をかきたてます。

ご参加に当たってのお願い・ご注意点

※混雑時は整理券を配布する場合がございますので、予めご了承ください。
※再入場はできません。

開催日 7月13日(土)~9月1日(日) ※7月16日(火)、8月26日(月)は休館日
時間 9:30-17:00 ※7月17日~19日、8月27日~30日は、16:30まで
会場 1階 特別展示室
対象・定員 どなたでも
参加費 大人(高校生以上)1,270円
小人(小・中学生)600円
※入館料(大人570円/小人100円)込み
◆各種減免・割引をご利用のお客様へ◆
平日限定入館無料制度や各種減免・割引をご利用になる場合は、<特別展入場券>をお持ちであっても、当日窓口での手続きが必要となりますので、予めご了承ください。減免についての詳細は、料金案内のページをご覧ください。

展示概要

名前の通り、いろいろなものがスケている特別展です。5つのゾーンに分けて、私たちの体や動物、機械などの内側を「スケる」を通して紹介しています。内側と外側の関係性を「どうなっているんだろう?」と考えながらお楽しみください。

会場イメージMAP

スケスケ展会場イメージ(新潟)

展示コンテンツ

●にんげんスケスケ

体の内部が丸見え!人体模型
自分の体がスケる体験
頭蓋骨解剖パズル
じぶんの中ってどうなっている? 自分の顔がスケて中身が見えちゃう「スケスケミラー」や自分の手がスケちゃう「スケスケハンド」、自分の体全部がスケちゃう「にんげんスケスケ」を体験しよう!解剖パズル体験では、頭の中がどんな作りになっているのか手を使って、頭を使って、組み立てながら立体的に見ることができるよ。

●どうぶつスケスケ

この動物はなんだろう?
うしろあしに大きなかぎ爪がある動物は? うしろあしはないけど、まえあしはあって指まである動物って? 骨からどんな動物か推測してみよう! 動物解剖モデルでは27種類もの動物・昆虫の体の中身を見ることができるよ。

●アクアスケスケ

Q:ヤドカリの足は何本?
体がスケている水棲生物!? クラゲの他にもスケスケな魚をじっくり見てみよう! クイズの答えを考えながら観察してね。スケスケヤドカリは普段は隠れている体が全部見えちゃうよ。透明骨格標本の展示では、4種類の水棲生物がスケスケの状態で観察できるよ。

●くらしスケスケ

フォーミュラカー乗車体験
透明なピアノで演奏体験
どうして車は「はしる」「まがる」「とまる」ことができるの? 中の構造が丸見えのフォーミュラカーに乗って、ハンドルを動かしてみよう! どうして音が鳴るの? 中身が見えるピアノで音が鳴る仕組みを確かめてみよう! 身近な製品の中身を触って感じよう!

●いろいろスケスケ

手の感触で中身を推測!「はてなボックス」
メガネをかけると見える「スケスケメガネ」や、「振って」「触って」「匂って」中身を当てる「はてなボックス」の体験ができるよ。 いろいろなスポーツのボールの断面はどうなっている? いろんなスケスケを五感を使って体験しよう!

★スケスケお絵かき作品のご紹介

枠絵の中を想像して描いた作品です。あなただったら、どんな中身が見えるかな?
わんこの頭の中はこうなっている
ネコの体の中はこうなっている
かばんの中身はこうなっている
「知らないことを知るって楽しい!」夏の特別展をお楽しみください‼
 

主催:新潟県立自然科学館、BSN新潟放送、新潟日報社
後援:新潟市、新潟県教育委員会、新潟市教育委員会
特別協賛:生活協同組合コープにいがた、新潟信用金庫
企画協力:RKB毎日放送、西日本新聞社
企画・制作:KOO-KI
協力:福岡市科学館、名古屋市科学館